グループで研修をするデメリット

グループ研修にはこれだけのデメリットがある!

グループ研修には様々なメリットがある一方で、見落とせないデメリットがあることも、あらかじめ知っておく必要があります。 まず1つめのデメリットは、研修を受ける時間や場所に制約があること。複数の人数を集めて研修をする以上、各自のスケージュールを調整する煩雑さが伴います。また研修を実施する会場についても、人数が増えるほど、それなりのスペースを確保しなければなりません。 次に2つめのデメリットは、参加する人数が増えるほど、適切な研修を見込めなくなる点です。研修の参加者が複数になれば、知識やスキルにバラツキが生じるため、研修の成果も正しく反映しづらくなります。 最後の3つめは、参加人数や会場さらに委託する講師によっては、コストが増大する可能性があることです。交通利便性の悪い会場であれば、交通費も余計にかかります。また会場のレンタル代や、有名講師への謝礼金などによっても、コストが増大することがあります。

グループ研修のデメリットをカバーするには?

前述したようなグループ研修のデメリットに対しては、どのようにカバーできるのでしょうか。ここで注目したいのが、インターネットを活用したeラーニングです。研修へ参加するにあたって、ノートパソコン1台さえあれば、時間や場所に関係なく受講することができます。さらにビデオタイプのeラーニングであれば、参加者各自で何度でも繰り返し学習できるため、一人ひとりのペースに合わせながら、知識やスキルを効率的に定着することが可能です。ただし、このeラーニングによるグループ研修であっても、デメリットは残ります。特に、一人で受講することになるため、集中力やモチベーションをキープしにくい点などは、注意すべきデメリットと言えるでしょう。

販売の研修は、商品の陳列の仕方や顧客との接し方、在庫管理のポイントなど業務に役立つ様々ノウハウを習得することができます。