グループでの研修例

ロールプレイングは典型的

グループワークを行う研修で典型的なのがロールプレイングやディスカッションです。ロールプレイングはグループの一人一人が異なる役割を分担し、実際にあり得るビジネスシーンを模倣する研修の方法です。予めテーマやシーンが定められていて、そこでグループメンバーが個々に自分の役割を考え、適切なアクションを起こせるかが問われます。普段と同じ職種で特別なシーンでの動きをシミュレーションする場合もあれば、違う職種の仕事を模倣することで他の人がどんな気持ちで業務をしているのかを理解する機会にすることもあります。スキルアップをするにもコミュニケーション力を高めるにも有効な方法として、取り入れる企業が増えてきている研修方法です。

ディスカッションやゲームも多い

グループでの研修ではディスカションをするのが昔から一般的に行われています。ある話題についてグループで討論をしていくスタイルもあれば、協議をしてグループとしての提案や結論をまとめさせるものもあり、ディスカッションによるグループ研修は多種多様です。また、ゲームをするだけの研修もあります。トランプでピラミッドを作ったり、卓上ゲームで遊んだりするのが典型的で、グループごとに競争させる事例も少なくありません。これによって普段はあまり接していない社員とのコミュニケーションを促すことができます。また、互いの長所や短所を見る機会になるため、その理解を日常業務に生かしていけるようになるという点でも優れている方法です。

接客のセミナーは対人業務を主とするサービス業の方にお勧めなセミナーです。基本的なマナーから応用まで学べます。