グループで研修をするメリット

研修を通じて接する機会が少ない人とコミュニケーションが取れる

グループでの人材育成研修には数々のメリットがありますが、定期的にこうした研修を実施することで、普段の仕事の中であまり接することがない人と自然な形でコミュニケーションを取ることが可能となります。また、グループディスカッションやケーススタディなどを通じて互いの良いところに気づくこともできるため、仕事に必要な知識や技術を学ぶだけでなく、人間として成長できるといった魅力もあります。最近では、講師による一方的な研修だけでなく、グループワークを積極的に取り入れた研修をメインに行っている企業の数が増えています。そこで、様々な業界で行われている人材育成研修の具体的な内容について、ビジネス誌や各企業のウェブサイトなどを通じて調べてみると良いでしょう。

個々の社員が積極的に動けるようになる

グループワークを中心とした人材育成研修は、個々の社員が自分の意見を発表する場面が多くなるため、積極性を育てるために欠かせないスタイルとして注目が集まっています。中でも、営業職や事務職などのコミュニケーション能力が仕事上で重視されやすい職種の研修計画を立てるにあたっては、グループワークを上手に取り入れるのはもちろん、場合によってはアナウンサーやマナー講師などのプロフェッショナルにサポートを受けることがおすすめです。なお、毎日の仕事の中で役立つグループワークを実施する場合には、人事担当者だけでなく様々な部署の部長や課長などの管理職や研修を受ける予定の社員にヒアリングをしたり、アンケートを実施したりすることも大事です。

赤ちゃんは何も出来ません。人材育成の研修にも同じ事が言えます。新しい環境で何をすれば良いのかわからない。だから大切なのは見てあげること。研修する本人に安心感を与えてあげることが、成長の近道です。