人材育成研修を取り入れて社内の人材を成長させていくのは企業の成長に直結します。その方法としてグループで行うものと、個人を対象とするものがありますが、それぞれの特徴を知ってどちらを行うべきかを判断できるようになりましょう。

グループでの人材育成研修

グループでの人材育成研修は企業規模にかかわらず積極的に取り入れられるようになってきています。グループで研修を行うのにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。具体的なやり方も詳しく紹介していきます。

グループでの研修例

グループワークを行う研修で典型的なのがロールプレイングやディスカッションです。ロールプレイングはグループの一人一人が異なる役割を分担し、実際にあり得るビジネスシーンを模倣する研修の方法です…

グループで研修をするメリット

グループでの人材育成研修には数々のメリットがありますが、定期的にこうした研修を実施することで、普段の仕事の中であまり接することがない人と自然な形でコミュニケーションを取ることが可能となり…

グループで研修をするデメリット

グループ研修には様々なメリットがある一方で、見落とせないデメリットがあることも、あらかじめ知っておく必要があります。まず1つめのデメリットは、研修を受ける時間や場所に制約があること。複数の…

人材育成のセミナーで効果的に話すために

短時間で行う人材育成のセミナーでは、結論から先に言うことで自分の頭の中が整理され、聞いている側も理解しやすくなります。

個人での人材育成研修

人材育成研修は、成長を促したいと思う個人に対して実施することも可能です。昔から個人を対象とする研修を取り入れている企業も多いですが、どのような特徴があるのでしょうか。具体例に基づいて魅力を理解しておきましょう。

個人での研修例

個人を対象に研修を行うメリット

個人を対象に研修を行うデメリット